甲殻類総合スレッドpart1

1名無虫さん2011-01-24 00:18:08

定番のカニ・エビ・ヤドカリから

シャコ・フジツボ・ミジンコ・ダンゴムシまで、

甲殻類全般について語りましょう。

7名無虫さん2011-01-24 18:59:19

生態の不気味さならフクロムシも負けていない。

8名無虫さん2011-01-24 20:51:21

>>7

寄主が雌になっちゃうやつか?

11名無虫さん2011-01-25 12:23:00

>>8

うい、雌に寄生すると卵のふりをして栄養奪って外敵から守らせ、

雄に寄生すると雌化させてしまう不気味な奴。

これも甲殻類。カニやエビよりフジツボに近い種だけど。

17名無虫さん2011-01-26 00:08:53

絶滅の契機は全球凍結やら隕石の衝突やら色々あるだろうが、

現在の海にアノマロカリスがいたらっていう妄想スレッドが以前どこかにあったが、

そこでは現代の魚の遊泳力の前ではアノマロカリスなんて餌にしかならんって

意見が多かったと思う。

本物のアノマロカリスがどうだったかなんて誰も断言はできないけど、

泳ぎに特化した魚類(や哺乳類)の前では、

大型甲殻類は底生生物のニッチに収まるのが自然な流れだったのだと思う。

三葉虫は単純そうな構造だし生き残っても良さそうだが、

新しい甲殻類に勝てなかったのかな。

37名無虫さん2011-01-31 03:06:37

>>17

アノマロカリスはカギムシのグループの範疇に入る進化系だったらしい

シリウスパセットや澄江では、カギムシのような長い足の付いたアノマロカリス類の化石が出土してるし、

アノマロカリスとアシュエアイアの中間みたいな化石も出てる。

あと、鋏角類(サンクタカリス)も甲殻類(カナダスピス)もバージェス動物群の時点で全て出揃ってる

最近だとイカもバージェスの化石で発見されたと言う話。

52名無虫さん2011-02-12 20:18:02

>>37

なるほど、すげえなバージェス動物群。

その時点で無脊椎の各門の動物の先祖は出揃っていたってことなのか。

逆にバージェスが崩れると今後生物の進化史が大きく変わることもありえるのか?

43名無虫さん2011-02-05 18:30:37

最も原始的なのは他の甲殻類で言うノープリウス幼生に近い形態が

完成態の鰓脚綱(ミジンコとか)辺りじゃないかね。

バージェス動物群に含まれるカナダスピスとかも

おそらくノープリウス幼生を経て成長したんだろうし。

53名無虫さん2011-02-14 14:38:37

>>52

最近の学説だと、バージェスで突然出揃ったのではなく、エディアカラ動物群からの連続で、

目を持った捕食者が出現し、身を守る為に目を含む感覚器と殻と速く動ける筋肉をみにつけ、

その結果化石に残りやすくなったのでは?ッ手話だな

突然多様な化石が出始めるんで進化の爆発と思われてるが、本当にそうなのかというところで

今疑問符が出てる状態

>>43

DNAや形態学の調査では、カナダスピスに近いのはコノハエビやヨコエビらしい。

こないだのニュースにも出てたけど、ミジンコは身を守る為に逆に進化しすぎてるという話

54名無虫さん2011-02-14 20:57:50

>>53

>ミジンコは身を守る為に逆に進化しすぎてるという話

興味があるから出来ればkwsk wktk

55名無虫さん2011-02-15 18:52:21

>>53

バージェス動物群の時点で原始的な種は出揃っていたのに

その後古生代・中生代と何してたの?という疑問もある。

昆虫は中世代で既にかなり繁栄していたようだけど。

アノマロカリス・三葉虫・モササウルスに食われ続けて

新生代でやっとちょっと日の目を見たのか。

99名無虫さん2011-03-26 23:34:17

カイアシ類には、陸産種がいる。ソコミジンコという奴な。

100名無虫さん2011-03-26 23:48:45

>>99

どこに行ったら見られるの? 肉眼でも見られる大きさ?

101名無虫さん2011-03-27 06:22:40

>>100

土壌動物。だけど、湿性だから、ベールマン法で取る。

コケとかでやると、クマムシとかも一緒に見られる。

102名無虫さん2011-03-27 16:25:32

>>101

さんくす!

今度試してみるよ。

104名無虫さん2011-04-01 17:43:48

甲殻類って何であんなに美味しいのか?

110名無虫さん2011-04-04 12:05:47

>>104

フナムシ食ってみなよ

ゴキは美味いらしいので薦めない

109名無虫さん2011-04-04 01:09:56

蟹と蜘蛛が近い生き物ってほんと?

111名無虫さん2011-04-04 13:41:32

>>109

エビやヤドカリに比べたら遠い系統の生物

>>110

ダイオウグソクムシならいかがでしょう?

112名無虫さん2011-04-04 15:01:49

>>111

> ダイオウグソクムシならいかがでしょう?

試食会があるなら是非行ってみたい

146名無虫さん2011-05-09 18:04:00

海無県だから淡水魚の水族館しかない

147名無虫さん2011-05-09 18:52:05

>>146

それはセミエビどうこうの問題じゃないなw

セミエビ自体は水族館でもそんなに珍しくない。

首都圏なら葛西臨海公園の水族園では確実に見られる。

他にもあったと思うけどすぐに思い出せない。

埼玉・栃木辺りなら頑張って出てこい。

それ以外の県なら他の水族館探した方がいいかな。

148名無虫さん2011-05-09 21:20:16

>>セミエビ

普通に魚河岸で売ってないか?

149名無虫さん2011-05-09 22:58:42

>>147

葛西臨海水族園にいるのか!ありがとう、いつかきっと行ってみる。

鈍行でも片道五時間もあれば行けるだろう。

見られる時間が短いけど…

>>148

魚河岸、、、どこにあるか知らないやwww

魚屋の人に聞くと、県民が魚の調理法知らなくて、大メジャー魚種以外ほとんど売れないから仕入れないという県なんすよ…

主婦が「スズキ?なにそれ」とか平気で言います。

151名無虫さん2011-05-10 00:42:36

>>149

鈍行で5時間て。東北に内陸県はないから中部・近畿か?

それなら和歌山の「カニとエビの水族館」の方が良くないか。

あれも結構へんぴな所にあって行きにくいけど。

152名無虫さん2011-05-10 08:29:12

南紀白浜では靴エビと言って、料理屋で出してくれる。

うまいよ。

153名無虫さん2011-05-11 00:11:44

>>151

中部です。

その水族館魅力的ですね。和歌山ですか…

プラン立てるのも楽しみになるかもしれません。

>>152

そんなこと聞いたらますます行ってみたいです。

食べたらあの殻にも触れますね。

よし、まずは貯金するぞー

201名無虫さん2011-06-19 22:28:58

陸上に適応したダンゴムシは小さいよね。

219名無虫さん2011-07-30 06:49:25

スベスベマンジュウガニは毒と言っても蓄毒じゃないかな?

成分が麻痺性貝毒やテトロドトキシンなら自家製の毒ではないだろ

すると、エビには真の有毒種は見当たらないということになるのかな

それではそれで不思議だ

220名無虫さん2011-07-30 12:21:32

体に毒があることで捕食を免れようと進化してきたのなら、

毒の無いエビ類にはやはり逃げ足の速いやつが多そうだから毒を持たなかったのかな?

221名無虫さん2011-07-30 17:04:19

>>219

餌の由来成分に関係ない体内合成毒を持つ生物って案外少ないよね。

>>220

エビ目の毒って言ってみれば「結果オーライ毒」であって、

積極的に使われる毒ではないから、そういう性質を獲得するメリットが無かったのかもね。

シンカイコシオリエビなんかは硫黄酸化細菌やメタン酸化細菌の巣だから、

普通の捕食動物が食べたらどう考えても体に悪そうだけど、

生息環境にいる他の動物も同じだから「毒」として機能しないしな。

236名無虫さん2011-08-14 11:08:00

一部のエビやカニには淡水域のみでも生活環が確立されてるのに

ヤドカリ類は惜しいなあ・・・

247名無虫さん2011-09-03 22:45:51

>>236

ヤドカリが汽水以上のとこにしかいないのは塩分と比重の問題だと予想

殻が重くて淡水だと辛いんじゃないのかと

それに淡水巻貝の殻って薄いし、小さい傾向あるしシェルターにならないのか?

いずれにせよ、淡水ヤドカリ憧れるw

238名無虫さん2011-08-17 20:20:53

山渓の『海辺の生きもの』かな

でも保育社の『原色日本大型甲殻類図鑑』や『海岸動物』も面白いと思う

248名無虫さん2011-09-04 01:05:56

>>247

そんな比重差で重たがってたら陸になんて上がってこれないと思うな

ふと思ったんだが、淡水性の巻貝は卵胎生が多いので、ヤドカリから見れば

稚ヤドカリ時代を過ごす極小サイズの貝殻は不足している筈

つまり稚ヤドカリの生存率がかなり低い事が想像できる

そういった事も、ヤドカリの淡水進出を阻んでいる要因の一つではないだろうか

何にしろカニやコシオリエビといった脱殻組は淡水適応を果たしているので

何かしら貝殻が絡む問題がネックになっている可能性はあると思う。

249名無虫さん2011-09-05 22:45:33

>>248

言われて見ればオカヤドカリ普通にいるなw

確かに淡水の川とか池には貝殻って基本ないよね

あと、関係あるかわからないけど淡水巻貝の殻はは海のと比べて厚さがペラペラ

260名無虫さん2011-09-06 23:11:55

多分場所にもよるのだろうと思うけど、

実際に淡水中と海水中でのカルシウム含有量の差は比較してどの位違うのかな?

外骨格の強度についてはアメリカザリガニやサワガニ、アカテガニは

充分海水性の甲殻類と同じ位ある感じがするけどどうかな?

262名無虫さん2011-09-08 20:33:04

>>260

> 実際に淡水中と海水中でのカルシウム含有量の差は比較してどの位違うのかな?

はっきりしたデータを示せないが数十倍〜百倍くらいは違うのではないだろうか?

特に日本の水は硬度(ミネラルの濃度)が低いはず

263名無虫さん2011-09-08 23:36:05

>>262

所謂軟水ってやつですかね?

日本は年間降雨量が多いから酸性土壌であり、

相対的に淡水中の含有量が少ないのでしょうか。

295名無虫さん2011-10-21 18:13:26

カブトムシの大きいのでせいぜい100㎜ちょい(角は除く)。

カニやエビはその倍以上もあるのは水中生活だから?

299名無虫さん2011-11-10 21:09:45

地下水に棲んでる顎脚類がいるらしいが、詳しい人いませんか?

実家の水道が井戸水だから、帰省したときにプランクトンネット仕掛けてみようと思うんだけど、こんな単純な仕掛けで採れるものだろうか

301名無虫さん2011-11-16 07:55:23

>>295

ヤシガニはもっと大きいぞ。それに運動能力もずっと上。

>>299

とれる。ただし、手押しポンプがいいそうな。しかも、百回で1匹とか。

302名無虫さん2011-11-25 12:26:53

>>301

ヤシガニ飼いたいな。

牧志の市場行って、一番元気そうなの買ったら、ペットに出来るかな?

305名無虫さん2011-11-25 21:22:32

>>302

指切り落とされるぞ。ノコギリガザミも危険らしい。

鋏のパワーは

ヤシガニ>>>ノコギリガザミ=キングクラブ>>タカアシが二>ロブスター>ズワイガニ>>オカヤドカリ

かな?

308名無虫さん2011-11-27 00:01:44

>>305

俺はロブスターが飼いたいんだけど、アサリを砕くぐらいってのがよくわかんない。

はさまれた人の話って聞いたことない。切断まではいかないかな?

381名無虫さん2012-04-15 07:07:50

住血吸虫のいる貝は食用できるほど大きくないんじゃね?

殻つきで米粒なみサイズじゃん

383名無虫さん2012-04-15 09:17:00

魯山人とか寄生虫で死んだしな

田螺が原因というのは違うっぽいが

412名無虫さん2012-05-11 22:29:46

>381

日本住血吸虫の宿主ミヤイリガイだな。しかしミヤイリガイが駆除されて却って絶滅危惧種になったとか、

病で苦しんだ地域の人々が駆除されたミヤイリガイのために供養塔建てたとか、おもしろいなと思うた。

>383

その話は俗説だってお。Wikipediaの「肝吸虫」みたら載ってた。

400名無虫さん2012-05-07 08:15:47

昆虫の最大-最小の格差は1400倍超だったかで、哺乳類の750倍よりはるかに多様で生命力がある、と昆虫の学者が言ってたけれど、

甲殻類って昆虫をしのぐよな?

401名無虫さん2012-05-07 16:34:51

>>400

生命力をどう定義するのか知らんが、そんな言葉を気楽に口にする学者は当てにならん。

多様性なら。

大きさの幅なら圧倒的に甲殻類が上。最大の甲殻類は昆虫を遙かに上回るし、小さい方はどっこいどっこいか甲殻類がちょい下か。

生活様式なら何ともいえない。プランクトンの昆虫は少ないが、空を飛ぶ甲殻類はいない。

種数では絶対的かつ圧倒的に昆虫が上。研究の進んでいない群には昆虫より種数が多いのがあるかもとは言われることがあるが、

その例に甲殻類が挙がったことはない。

404名無虫さん2012-05-08 22:22:42

鰓脚類の耐久卵は風に飛ばされていくので、飛んで分布を増やしているとも見れる

甲殻類ではないがクモのバルーニングも飛んでいると言えるだろう。

405名無虫さん2012-05-08 22:45:49

>>404

いやいや、それは・・・w

飛んでいるんではなくて、飛ばされているんだろうってw

408名無虫さん2012-05-08 23:44:40

飛翔を自身である程度コントロールできる事が条件でならやはり昆虫か・・・

409名無虫さん2012-05-09 09:00:29

昆虫の解剖図や神経系の図にはきちんと脳があるのに、

カニの解剖図には描いてない。本能で行動してるのかね?

あと軟体動物では、カタツムリにはないけど頭足類はある。

410名無虫さん2012-05-09 12:06:34

>>408

普通は自力で羽ばたいて飛べるものに限定するな。

たとえばムササビは入れない。

>>409

ちゃんとした解剖図を探すように。カタツムリにもカニにも脳はある。

それどころかミミズにだってある。

あと、本能行動だって神経が支配している以上、脳はあった方がいい。

411名無虫さん2012-05-10 20:42:58

>>410

詳しく描いた解剖図の載っている図鑑ある?

水中生活している甲殻類より飛翔コントロールする昆虫類の方が脳は発達してそう

425名無虫さん2012-07-05 17:03:18

ゾエアメガロパノープリウスって名前かっちょええなw

427名無虫さん2012-07-05 22:06:05

>>425

車の名前にしたらイイかも知れんw

428名無虫さん2012-07-05 22:11:26

>>427

成熟してない車って言われちゃうwww

456名無虫さん2012-07-22 13:45:12

305

タスマニアオオガニを忘れているぞ もしかしてキングクラブのことか?

最大級の個体なら

アメリカロブスター=タスマニアオオガニ≧ヤシガニ=ノコギリガザミ>タカアシガニ

459名無虫さん2012-07-23 20:27:01

>>456

>タスマニアオオガニを忘れているぞ

タスマニアオオザリガニじゃね、

hhttps://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%B6%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%83%8B&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a

489名無虫さん2012-08-24 22:53:43

ちょっと教えて下さい。

千葉県鴨川の磯でカニを何匹か捕まえたのですが

イソガニに似ていますが、甲羅の幅が5〜6cmもありハサミも太短い感じです。

ネットで検索したら↓まさにこれ

hhttp://d.hatena.ne.jp/light-papa/20090112/1231756141

ところが画像載せた人も種類がわからない始末。

誰かこのカニの名前を教えて下さい。

491名無虫さん2012-09-04 19:59:23

>489

イボイワオウギガニ

493名無虫さん2012-09-08 20:40:05

>>491

おおっ、ありがとうございます!

これでスッキリしました。

ちなみに、茹でると巨大なハサミが美味でした。

(今日も親子で5cm級のを4匹ほど捕獲)

503名無虫さん2012-09-24 19:44:44

ちょっと待ってくれ

俺はエビに似た虫の話だと勘違いしてたんだが500の言ってるエビってのはホンモノのエビのことなのか?

もしや杉って屋久島杉とかのことで500は

南方に住んでるのか?

だったらヤシガニみたいな感じでそういうエビもいるんじゃないの(適当)

504名無虫さん2012-09-24 20:51:49

>>503

いや、岩手だが、見た目がどこからどう見ても完全無欠にエビだった。

ナイキマーク逆さまにしたような触覚と、頭とジャバラ見たいな腹で、目立った足は6対だがジャバラの裏に細かい足がいっぱいあった。

505名無虫さん2012-09-24 21:01:50

>>504

おい、俺がエビ風虫を見たのも岩手だったぞw

1cm内くらいのサイズで杉の木の幹を走り回ってた

500が言ってるのは同じ虫のことじゃないのかな?

506名無虫さん2012-09-24 21:08:08

>>505

そうなのかもしれんし違うのかもしれん。

少なくとも俺はエビにしか見えなかった。

もっと詳しく環境説明すると杉林のすぐそばに田んぼとつつみがあってつつみと田んぼから登る形の斜面に杉林がある。

537名無虫さん2012-11-24 16:16:52

複眼は三葉虫も持ってた。あんまり系統考える上では役に立たなそう。

609名無虫さん2015-10-27 23:56:00

【古生物学】4億6000万年前、最古の「巨大ウミサソリ」(ペンテコプテルス・デコラヘンシス) 標本を発見

hhttp://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1443000172/

624名無虫さん2017-08-15 21:26:17

浜松町の道路を歩いてたんで保護したんですがなんというカニですか

足を除くと体長2.8センチくらいです

.html

625名無虫さん2017-08-15 22:19:45

>>624

見れません。

626名無虫さん2017-08-15 22:45:50

>>625

すみません

627名無虫さん2017-08-16 01:31:36

>>626

アカテガニみたいですね。

628名無虫さん2017-08-16 07:20:06

>>627

ありがとうございます。

すごい、こんな写真だけでわかるんですねー

629名無虫さん2017-08-16 13:07:18

産卵のために海へ向かっていた所なのかな?

630名無虫さん2017-08-16 19:57:06

>>629

海から遠ざかって車の多い道路へ出ようとしていたので拾いました

今、しきりにハサミを口の方へ持っていきながらクリック音を出してるんですが、なにをしているのかわかりますか?

631名無虫さん2017-08-17 00:03:08

>>630

未受精卵を食べているみたいよ。

受精卵は放卵するんだね。

632名無虫さん2017-08-17 00:24:11

>>631

そんなことするんですね!

ありがとうございます

さっき産卵されてしまって、あわてて東京湾の水を汲んできて入れたら、たくさん卵が元気に泳いでいます

海水でないと育たないと聞きましたが、東京湾に放流して大丈夫でしょうか?

633名無虫さん2017-08-17 00:34:07

>>632

海水に放流したら、海で育って、淡水に帰ってきますよ。

楽しみに待ってくださいね。

634名無虫さん2017-08-17 00:36:27

>>633

了解です

いろいろと教えて下さりありがとうございます!

642名無虫さん2017-12-01 08:02:29

いぼ足…ゴカイ…うっ頭が

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする