【現代文講義】田村秀行1【早大現代文ゼミ】

1名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-27 13:22:55

伝説の先生について語りましょう。

通称「能面田村」

12名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-27 19:24:16

>>1

題名に1と付けるってことは2以降のスレも早くも立てる予定か

2名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-27 14:42:55

懐かしいねー

田村・堀木で代ゼミ現代文の2トップやった。東大脂肪の駿台本科生も

現代文だけは代ゼミで単科とってる奴が結構いたなぁ・・・

ただ著書はあれやね、最初に書いた「現代文講義Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」が最も

良かったね。その後も栄光とかから色々と書いてたけど、だんだん質が

落ちてた感じやった。

今は山梨の小さな予備校で教壇に立ってらっしゃるご様子。若い頃は

東京の大手でしこたま稼いで、晩年は物静かな田舎の予備校で、体に差し障ら

ない程度に細々と・・・

まぁ、予備校講師の一生としてはほぼ理想的と言ってよいでしょう。

これだけ書くと3以降は何か書くネタがあるのだろうか?という事で2get

3名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-27 15:04:05

いま、おいくつですか?

4名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-27 15:10:16

富田スレに田村のこと書いてしまったが間違いあったら教えておくれ。

当時は現代文ゼミっていう講座を取っていたよ。

612010-12-27 15:41:15

ある年の田村秀行現代文ゼミ

(夏期)

センター試験(本試験)

青山学院大学(法)

早稲田大学(法)

早稲田大学(文)

立教大学(経)

横浜市立大学

関西大学(法)

岡山大学

学習院大学(経)

(冬期)

上智大学(文)

明治大学(営)

早稲田大学(政経)

早稲田大学(商)

立教大学(社)

九州大学

センター試験(追試)

一橋大学

中央大学(法)

912010-12-27 16:00:29

>>2

乙です

>>3

50代半ばかと

年を取ったら永井荷風や与謝蕪村と酒を飲み交わしたいと申しておりました

>>4

>>6-8に私が受講した年の現代文ゼミの出題校を全て掲載しました

あの頃は堀木先生は一線を退き、酒井先生と衛星授業に出ておられました

笹井先生は一介の若手で、青木・船口・湯木先生はまだいなかったと思われます

11名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-27 16:34:19

>>9

情報乙です。当時は森久先生とかもいましたね。

笹井先生は本科下位クラスのしかも2組とか担当で女子生徒に気持ち悪がられていました…今はすごい立場になってるようですが。

28名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-31 16:23:35

田村の思考法は妙に現実離れしている

文章の主旨がつかめないし新しい問題に対応する応用力がつかない

29名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-31 20:02:49

>>28

それはお前が馬鹿なだけ

俺はこの先生のお陰で東大に受かったよ

30名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-31 20:52:54

>>29

卒業証明書出せよ

up@pic.to

出せないなら嘘認定

「それ」が何を指示しているのか文法文脈から判断できない

44名無しさん@お腹いっぱい。2011-01-06 17:00:34

>>30

レス読み返してみたけど、お前、手の施しようの無い大ヴァカだな(大笑)。

その読解力じゃ受かるのせいぜいFランだぞ(笑)。

「それ」は、

「(>>28が、)田村の思考法は妙に現実離れしていて、文章の主旨がつかめないし新しい問題に対応する応用力がつかない、と思っていること。」

だ。

31名無しさん@お腹いっぱい。2010-12-31 21:29:11

田村先生も大変だよな

こんな馬鹿相手にしなきゃいけないなんて

馬鹿は出口にでも行けばいいのに

33名無しさん@お腹いっぱい。2011-01-01 01:03:52

>>29>>31

>田村先生も大変だよな

>こんな馬鹿相手にしなきゃいけないなんて

なに逆ギレしてんだよ

東大はハッタリなんだろ?

卒業証明書出せよ

up@pic.to

出せないなら嘘認定

>>29の「それ」が何を指示しているのか文法文脈から判断できない

59名無しさん@お腹いっぱい。2011-02-04 04:03:12

>58

ありがとう!東大多い!買います。

62名無しさん@お腹いっぱい。2011-02-26 21:14:27

田村のやさしく語る現代文—代々木ゼミ方式 田村 秀行

この名著が尼でついに絶版になったようだな。残念だ。

63名無しさん@お腹いっぱい。2011-02-26 21:23:35

>>62

今見たら出品者からの購入のみになってるね。これは現代文初心者のバイブルなのに…

72名無しさん@お腹いっぱい。2011-03-28 09:40:05

京大出身の現代文講師って良い講師が多い気がする。

田村秀行、湯木知史、駿台だと中野芳樹。他にいるかな?

73名無しさん@お腹いっぱい。2011-03-29 20:36:42

>>72

ゴミな講師もいるけどな。

東進の板野博行。

78名無しさん@お腹いっぱい。2011-05-08 02:36:56

>>73

俺の甥が東進の板野に習って偏差値84で全国2位になったぞ

83名無しさん@お腹いっぱい。2011-05-24 21:43:40

しんでねえw一応、山梨予備校だったかな

あとブロードバンド予備校ってので映像授業を受けられるみたいだけど、HP見ても詳細が全然分からないという

121名無しさん@お腹いっぱい。2011-06-29 23:47:38

新旧で読み方解き方に大きな差はないよ

旧版は過去問使っているので難問奇問もあり実践的、新版は良質の創作問題オンリーなので

一問ごとの出題意図が明確

手持ちの1が新版か旧版かで選べばおk

122名無しさん@お腹いっぱい。2011-06-30 00:46:27

>>121

回答ありがとう!

田村先生のは1冊も持ってないから迷ってたんだ

とっかかりは出題意図が明確な方が入りこみやすいかもしれんね

奇問は詰まってしまいそうだ・・

平均的に③は旧版の方が安いけど、予算もそんな無いしとりあえずは安い方狙ってみる

あともう一つだけ訊きたいのだけど年間カリキュラムの3冊はどうかな?

講義1→講義3→記述問題解説

これのどっかにはさむべきかと考えてるんだけどやっぱ被るとこ多い?

もし知ってたら教えて欲しいんだ

123名無しさん@お腹いっぱい。2011-06-30 04:06:41

>>122

年間カリキュラムは現代文講義から本文解説省いて設問解説に特化した問題集って

感じかな

田村先生自身が講義1で読解法学んでから使って欲しいと書いてある

挟むなら講義1の後かな

124名無しさん@お腹いっぱい。2011-06-30 23:25:24

講義1→講義3→記述問題解説

これで十分でしょ?どんだけ現代文が難しくて比重高いとこ受けるのよ

125名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-01 01:41:33

>>123

なるほど

講義1→(カリキュラム)→3→記述 だね

いろいろ答えてくれて助かるよー

>>124

やっぱり解法練習は数こなすよりも同じ問題を何度も繰り返す方がいいのかな

色々手だして仮初の安心に浸りたいだけなのかもしれんね

ちなみに受けるのは大阪大の非文学部。要約みたいなのが多い印象がある

127名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-01 22:47:12

>>125

講義2冊と記述だけでも結構な量だけどな

まあよっぽど余裕があるんだろうから、多くの数こなして身につけていってもいいと思うよ

128名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-02 01:54:58

>>127

そうなんだ

本屋に置いてなかったから分量は見れなかったんだ

わざわざ忠告してくれるぐらいだから本当に結構あるんだろうね・・・

教えてくれてありがとう

161名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-22 09:59:24

あくまで個人的感想だが,駿台関西の中野芳樹先生は田村先生のやり方に近いものを感じる

168名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-22 19:23:27

>>161

ん、どこらへんが?読み方?解き方?

198名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-27 16:20:20

>>168

客観的な文法や表現を重視して読んでいく点で両者は同じ。

現に、田村先生の参考書でしか現代文の受験勉強をしたことがなかった俺の線引きと、中野先生が授業で要求した線引きは8割程度一致した。

ただ中野先生は「早く」読むことを重視するから、そこから違いが生じる。

また田村先生の方は授業でなく参考書だから、読解法も緻密だし文章の内容的なことも触れているし、そういう意味で細かい。

あと「似ている」というのはあくまでも俺の主観に過ぎない。

形式的に探せばかなりの違いがある。

199名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-27 18:10:05

>>198

スレ違いですまぬが中野師は文章の内容には触れないのか?

あと田村の参考書は何をやったのかも是非教えていただきたい。

224名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-02 09:55:01

>>199

講習会では時間がなくて内容(文章の背景等)にはふれなかった

試験ではそういうことを知らない文章が出題されるので、知らない状態でも解けるようにするのが中野先生のスタイル

ただ、中野先生のスレ見る限り、普段は解説終了後に話してくれるらしい

田村先生の参考書は旧1と3、新1と3、4は新旧どちらをやったか忘れたけどセンター向けに1、2、3講のみやった

あと、マークと基礎強化もやった

218名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-31 23:10:39

旧版の現代文講義1をブクオクで買ったんだけど

新版と比べると本文にマークをする箇所がかなりあって細かいんだね。

219名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-02 00:42:02

>>218

たとえばどんなマークの仕方が載ってる?

新講義の方にはそんなの全く載ってなかったから気になるな

221名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-02 04:52:53

>>219

丸とか、四角とか、三角とか、傍線、波線、などなど。

文章構造を視覚化するために接続詞、助詞、キーワード、反対語、同意語なんかに、

いろいろと細かくマークしていくのが、旧現代文講義の内容。

その後、田村の現代文に対する考え方が変化したので、新現代文講義を執筆。

しかし、それは180度転換と言ってもいいほどの大転換なので、

旧現代文講義と新現代文講義は、別の著者による、別の本と考えたほうがいい。

旧当時の教え方でブレークして、新の教え方で凋落したことから見ても、

旧当時の教え方のほうが優れていたことは明らか。

223名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-02 08:14:01

旧は手段が目的化してしまう誤解を与えるから改訂したんだよ

新の方が優れていると俺は思う

225名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-02 14:45:47

>>221

富田先生の講義は受けたことないからよくわからんけど田村本は教師とかと違って

「文脈から〜」ってセリフを使わないから納得できるよね

ちなみにそういうマーク方法は講義1に全部載ってるかな?

新講義134記述解説を買ってお金ないのと

講義3は旧でも高いから揃えられないんだよね

もし1だけでマークの仕方マスターできるなら買いたいと思う

>>223

新もふつうにわかりやすいよね

俺的には後ろの使いにくい索引よりもフローチャートみたいなの作ってほしかったけど・・・

227名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-03 02:34:08

>>223

新のはしがきに書いてあったと思うけど、

田村自身が予備校講師として進化したから改訂したとある。

しかし、俺の個人的な意見としても、

また、受験生一般のウケ方の違いからしても、

田村は進化したのではなく、明らかに退化したといえる。

今の受験生は知らんだろうけど、旧が出版された当時は一世を風靡したからね。

ほんとう凄かったよ。それまで現代文なんてのはそれまでの読書量で決まる

ってのが当時の受験生の常識だったから、現代文の勉強なんかするヤツはいなかったけど、

田村の旧が出て以来、現代文も方法論を身に付ければ延びるというのが受験生の認識となった。

>>225

マークの仕方は旧1に全部載ってるよ。

というか、2以降では解説中でもあまりマークや記号の付け方に関しては触れない。

旧1の中でも最初の2〜3講だけ。それ以降は触れない。

最初にマークや記号の付け方を解説して、あとは自分でやって欲しいというスタンス。

上で>>223が書いているように、記号を付けるのは付けるのが目的ではないから。

記号やマークを付けるのは、あくまでも読解の痕跡を残すため、と田村は書いている。

228名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-03 09:50:07

>>225

マーク法は旧1だけでOK

ただ、俺は以前手段を目的化して悩んでいた時に新をやって目覚めたから、俺は新のみを勧める

東大京大一橋早稲田等に行った俺の高校の同級生達も新の方を推していたよ

まあ、色々な意見があるのかもね

229名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-04 00:07:05

>>227

>>228

お二方教えてくれてありがとう

マークをつけることが目的化ってのを味わったことがないからよくわからないけど

注意が マーク>読解 に向いてしまうってことなんかね?

まぁ自分にどっちが合ってるかなんて比較して初めてわかることだし、とりあえず買ってみるわ

助かりました。ありがとうね

236名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-11 23:50:23

旧講義3と新講義3の違いを教えてください

237名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-12 00:26:23

>>236

扱う問題が違う

248名無しさん@お腹いっぱい。2011-09-26 14:07:45

現代文講義3 高くてかえないんだけど

やさかた 講義1のあとなにやらばいいの?

254名無しさん@お腹いっぱい。2011-10-09 02:43:45

どなたか田村の現代文講義①の旧版に書いてあるマーク法について教えていただけませんでしょうか?

どうしても手に入らないので田村先生が使う記号を教えて頂けるとありがたいです・・・

255名無しさん@お腹いっぱい。2011-10-11 21:29:23

>>254

をどなたかお願いします・・・

264名無しさん@お腹いっぱい。2011-10-22 18:20:42

つーか小説講義ってどんなことやんの

心情描写を探そうとか?

265名無しさん@お腹いっぱい。2011-10-22 19:53:55

>>264

船口が詐欺師に見えるぐらいハイレベル

278名無しさん@お腹いっぱい。2011-12-03 00:19:01

>>265

具体的に教えて

316名無しさん@お腹いっぱい。2012-02-06 03:16:02

>>278

たとえば登場人物の行動ひとつの解釈も、内面的なものか、外観からわかる事実にのみ基づいてのものなのか、まで読み取る

伏線の回収がとても巧い

表現に込められた裏の意味を、設問に絡めて深く読み取る

有名出典ではないが有名作家のおいしいところを解説する

客観的な読みに徹底し、“近親相姦小説”と言われる太宰治の『魚服記』も能面を被ったように解説する

菊地寛『父帰る』という入試では異色の戯曲を解説

個人的には、芥川龍之介・梶井基次郎・堀辰雄・川端康成の読み取りが非常に素晴らしいと思った

283名無しさん@お腹いっぱい。2011-12-29 18:41:18

高1です

東大目指してます

田村先生の本でどのような順番でやれば1番よいですか?

285名無しさん@お腹いっぱい。2011-12-29 20:52:15

やさしく語るすら完璧にこなしてないだろお前

演習編やるとかなり伸びるのにな

287名無しさん@お腹いっぱい。2011-12-29 21:18:54

>>283です。

やさかたは持ってるので2周しました

新の方の現代文講義1,2もってます

桐原の現代文頻出700とキーワード読解持ってます

キーワード読解は途中まで読みました

>>285

演習ってなんていうやつですか?

298名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-08 16:30:31

湯木のはクソだった

301名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-09 04:44:58

>>298-299

黒目先生は無視かよw

341名無しさん@お腹いっぱい。2012-03-05 09:28:20

>>298

湯木先生の授業受けた事ないでしょ。現在の予備校界で最も実力ある人だよ

302名無しさん@お腹いっぱい。2012-01-09 15:35:07

>>301

芸人崩れに用はない

322名無しさん@お腹いっぱい。2012-02-15 17:08:22

栄光記述やったら他の教科もできるようになってワロタ

英作文は日本語を1句1句丁寧に訳出するクセがついたし、

数学は「与えられた条件をフル活用して考える」ようになった

どれも栄光記述で思考訓練した賜物さ

323名無しさん@お腹いっぱい。2012-02-15 18:12:02

>>322

お!よかったジャマイカ

栄光記述や現代文講義3(記述)が絶版になるのはあまりに惜しすぎる

324名無しさん@お腹いっぱい。2012-02-16 13:26:54

>>323

上級現代文とかいうすごい記述本が出たせいで

もう新講義3も栄光記述も風前の灯火だけどな・・・

325名無しさん@お腹いっぱい。2012-02-16 20:34:31

>>324

河合塾系は論理立てが曖昧

アマゾンレビューがステマ臭い

328名無しさん@お腹いっぱい。2012-02-17 01:30:48

>>325

凄い評価してるのは河合生であったりその教師の授業受けてる生徒っていうパターンあるよね

そりゃ授業と直結してたり復習としてやれたり分かりやすいわけだ

ステマとは違うんだろうがね

343名無しさん@お腹いっぱい。2012-03-05 23:55:36

>>341

ああ、あの字数制限無視と誤答に定評のある奴か

345名無しさん@お腹いっぱい。2012-03-06 01:39:55

>>343

こっちにまで沸いてくるな

【センターから】湯木知史【医系小論文】

471:02/23(木) 12:21 6LpvJgvFO [sage]

>>470

東大現代文の授業と、参考書とでは、解答字数を変えている

参考書は東大以外の志願者も使うから、そこに配慮している

390名無しさん@お腹いっぱい。2012-06-08 19:46:58

それでも絶版本の転売はタチが悪い。

異様に高値を付けられてたりするけど、中身を本屋とかで見ることが出来ない。

せめてネットで情報を拾おうとすれば、もはやどこかに消えたのもいいことに

神格化された評判だけが独り歩き。田村を知る残存兵なんていつまでも受験にしがみつくおっさんだろ。

東大やら京大受かったって人が今売ってる本を使ってるんだからそれ使えばいい。

実物を知らん古い本棚にある高い本を買うことはない。

396名無しさん@お腹いっぱい。2012-06-09 19:09:34

>>390

いつまでも受験にしがみつくおっさんってのは確かにそうだね

田村を教祖様として奉ることでアイデンティティを保っている情けないおっさん

本来、田村だって国語学やら論理学やら言語学を参考にして授業しているのだから、より深く勉強したければその道に進めばいいはず

にも関わらず、マニアの間でしか知られていない古くさい匂いが染み付いた田村の参考書をかき集めて「田村が言うから間違いない」とか「さすが受験現代文の神」とか言って盲信に拍車をかける様は滑稽で見苦しくてどうしようもないな

398名無しさん@お腹いっぱい。2012-06-09 19:35:54

>>396

俺は田村を推してるわけじゃないが

そんなこといってんのみたことないぞ

407名無しさん@お腹いっぱい。2012-06-11 03:56:12

3は知らないけど、新1で田村が「小説の唯一の参考書と自負している。これを凌ぐものを書く自信がないので、この巻と第五巻は書き直していない」と書いてるから、かなり気になるわ。復刊希望だけど、したら代ゼミを受ける人がいなくなるからしないんだと思う。

422名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-07 20:06:54

>>407

>>316

474名無しさん@お腹いっぱい。2013-01-09 17:11:53

田村の現代文講義3と難関私大現代文を絶版にした時点で代ゼミは終わった

477名無しさん@お腹いっぱい。2013-01-10 17:15:12

>>474

というか、現代文講義123を改訂した時点で終わってる。

478名無しさん@お腹いっぱい。2013-01-10 17:48:59

>>477

新版より旧版が優れてる所ってどこなの?

480名無しさん@お腹いっぱい。2013-01-12 05:24:18

>>478

旧版は、現代文を日本語の文法・語法によって分析している点が秀逸。

内容や文脈よりも文法的・語法的根拠を優先。英語の富田のやり方に近い。

もちろん、現代文をそういうやり方でのみ勉強するのはリスクがあるが、

しかし、方法論のひとつとして非常に有効だったし、それが現代文講義の持つ

オリジナリティだったはず。

新版はどこにでもある普通の現代文問題集に成り果てた。

あんなありふれた陳腐な内容なら現代文講義の存在意義はない。

485名無しさん@お腹いっぱい。2013-01-12 05:55:09

ただし、>>480で書いた「旧版は、現代文を日本語の文法・語法によって分析している点が秀逸」と

いうのは、逆接の接続のあとは筆者の主張とか言うのとは全く違う。富田の構文分析のような

感じの非常に細かく分析的な読解法。

483名無しさん@お腹いっぱい。2013-01-12 05:46:38

さらに言うと、接続詞や指示語を手がかりに文脈を追っていくという読解法を

田村が著書で広めたことは英文読解の勉強にも影響を及ぼした。

こういう読解法は英語では今では当たり前だが現代文講義が出版された当時は

そんな読解法を教えている英語教師などいなかった。伊藤和夫の英文解釈教室

の功績で構文主義解釈法は広まっていたが、接続詞や指示語の機能を利用した

読解法は、現代文講義によって現代文の分野で広まったころから、それが徐々に

英語の分野にも応用されるようになった。

527名無しさん@お腹いっぱい。

>>483

いくらなんでも田村の読解法が英文読解にも影響を与えたはねーだろw

談話分析っつー方法は言語学の専門分野にずっと前からあるわけでw

それが広まっただけじゃん、デマはいかんよw

539名無しさん@お腹いっぱい。2013-12-05 05:57:17

>>527

英文読解に影響与えたと思うよ。

田村の現代文講義以降に英語でも接続詞とか使った読解法

を説き出した講師が急に増えた。それは事実。

541名無しさん@お腹いっぱい。2013-12-07 15:24:42

>>539

現代文の講師の田村が英文読解のやり方を変えたなんて

大きな流れを作っていたら、君が「思うよ」なんて2chで言わずとも

明言されてるよ。

543名無しさん@お腹いっぱい。2014-01-30 16:09:11

>>539

おまえマジで勘違いはなはだしいぞwディスコースマーカーやら情報構造やら

なんてのはハリデー&ハサン(1976)『テクストはどのように構成されるか』(訳書のタイトル)

から始まってんだよ。自分の半径5mから物事を判断するのはやめろや

545名無しさん@お腹いっぱい。2014-02-04 19:08:01

>>543

パラグラフリーディンが流行りだしたのは田村以降。

564名無しさん@お腹いっぱい。2014-07-15 19:44:57

おそらく今現在は講義はしてないだろうけれど

難化したセンター国語の解説聞いてみたいな

609名無しさん@お腹いっぱい。2015-04-25 09:25:27

神講義本は、旧4巻、ライオン社融合本、新旧3巻

復刊は難しいだろうが、下手な講習会を取るくらいならこれらの本の方が対費用効果は大きいだろう

ライオン社融合本は早稲田なら政経学部や社会科学部の現在の出題にも対応している、

というかこの本の時代の問題の方が難度が高いのでこれをこなせば楽に思えてしまうだろう

田村先生本人も講師を始めて以来解説に最も骨が折れた、的な前書きをしてから解説している難問もある(ソシュール言語学の内容)

649名無しさん@お腹いっぱい。2016-04-14 09:34:04

>>609

早稲田の去年の教育、今年の政経社学にほぼ的中なんだよね

612名無しさん@お腹いっぱい。2015-05-15 09:24:52

斎藤公智

636名無しさん@お腹いっぱい。2016-04-05 00:25:15

塾に田村の現代文講義が新旧1巻ずつあったのですがどう違うんですか?

637名無しさん@お腹いっぱい。2016-04-05 00:41:07

>>636

どっちも古いってだけです。

今の時代もっと良い参考書はいくらでもあるよ

638名無しさん@お腹いっぱい。2016-04-05 01:43:07

>>637

田村先生の他に文法を使ってる先生て誰がいますか?

639名無しさん@お腹いっぱい。2016-04-05 01:55:47

>>638

駿台中野

640名無しさん@お腹いっぱい。2016-04-05 02:07:32

>>639

基礎講義しか出せれてないですよね…

ちょっと難しいんじゃ?

641名無しさん@お腹いっぱい。2016-04-05 09:06:10

>>640

おまえが理解できないという意味では難しいとは思う。

中野のやり方は田村を凌駕している。

中野のやり方によって、俺はセンター現代文を、まるで数学のように解けるようになった。

656名無しさん@お腹いっぱい。2016-07-31 15:05:16

俺が受けたのは1988年度、代ゼミ原宿校のLF(早慶上智文系文教育外国語)1。

ちなみに同年度、代々木校のLE(早慶上智文系政経法)ではLE3,4。

夏冬直前の講習では早大現代文。

当時の田村は40弱で、数年前に出した「現代文講義」で急速に全国で有名になった。

若干天狗になってたのか、「早大現代文対策は自分が日本一」と言っていた。

実際のところ、田村以外で「早大現代文対策」で、これといった売りを持つ講師もいなかった。

質問に来る生徒は落ちる、とも言っていた。(一理あるが。)

本科単科はモグリ生徒も加わって満員、講習会は全講座締切。人気絶頂。

以後、小論文を手始めに、古文、早大以下の私大などにも手を広げていったが、元々ハイレベル層には人気が高い反面、万人受けはしないタイプだったので、徐々に人気が下がっていった。

万人受けしない点が、酒井などとは違ったのではないか。

ついでに、早大現代文も酒井に人気をさらわれた。

以後、代ゼミの表舞台からは姿を消し、どこぞやの田舎の予備校のパンフに紹介されるようになり、今は…?

658名無しさん@お腹いっぱい。2016-08-01 12:13:30

>>656

なんで「質問に来る生徒は落ちる」と言っていたの?

生徒は教わりに来ている訳だから、質問するのは当たり前のことではないの?

670名無しさん@お腹いっぱい。2016-12-10 23:24:17

>>658

オレも昔わからなかったが、質問に来るヤツは、

大抵何も考えないタイプが多いからだろ…

社会に出てから、自分で何も考えず質問に来るヤツがいると、

殺意を覚えるようになって初めてわかったわw

660名無しさん@お腹いっぱい。2016-08-07 09:13:30

土屋の古文公式も他から復刊してるんだから同じように出来ないかな

679名無しさん@お腹いっぱい。2017-03-18 20:15:31

>>660

後に出された新書で田村さんは「よくまああんな硬い文体の参考書で頑張ってくれましたね」みたいに書いていた

今の田村さんからしたら内容はともかく文体や構成的に再販しそうにない

676名無しさん@お腹いっぱい。2017-02-14 19:57:20

>>670

いやいや、「自分でもどこがわからないかがわからない」という生徒は論外として、

その「どこがわからないか」を炙り出して、こちら側が訊きたいことを講師に答えてもらえるように誘導するような質問を考える作業は、

それはそれで労力を必要とするもので、こういう作業をする生徒まで「何も考えない」生徒と同列に扱われては心外じゃないか?

680名無しさん@お腹いっぱい。2017-03-23 15:14:54

>>679

解説もわざと文体を硬くしてるんだよな、出題文みたいに。

新書で出した本の読みやすさに「これ同一人物なのか?」と驚いたわ。

682名無しさん@お腹いっぱい。2017-04-17 02:50:09

>>679

>>680

自演乙

そんなのどこにも書いてねえよバーカ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする